クレジット・プロトコル

ホワイトペーパーを読む

クレジット・プロトコルとは?

Blockmason’sクレジット・プロトコルはブロックチェーン上に債務・債権情報を記録し永久に保管する、安全で信頼できる標準化されたメソッドです。

新たなアプリケーションの開発

クレジット・プロトコルは、会計、債務不履行、債務、債券、その他さまざまな種類の金融上の義務を記録する分散型アプリケーションの開発基盤として機能します。

クレジット・プロトコルの機能により、金融、ヘルスケア、エネルギー、法律、小売業、物流、エンターテイメント、その他さまざまな分野において、企業が必要に合わせて独自の分散型アプリケーションやソリューションを開発することができます。

クレジット・プロトコルの仕組み

一方が他方に、借受けまたは貸付けのリクエストを送信します。受信したユーザーがその借受け・貸付けを承認すると、それはクレジット・プロトコルのスマートコントラクト内に記録され、保管されます。

ユースケース・オーソリティ・コントラクト

クレジット・プロトコルを介したユーザー同士のこのシンプルなやりとりは、プロトコル上に組み込まれたUse Case Authority Contract (UCAC)と連動して驚くほど強力で複雑なトランザクションを可能にします。

各UCACには独自のルールがあり、記録される債務の種類、債務が記録される時期、そして誰から債務を受け入れるかが精査されます。

ブロックメイソン・クレジット・プロトコル・トークン

クレジット・プロトコルはBlockmason Credit Protocol Token (BCPT)により稼働します。これはERC-20ユーティリティ・トークンの一種で、クレジット・プロトコルを通してイーサリアム・ブロックチェーン上にデータを記録するために必要なものです。