Blockmason Weekly Update: 2019-03-21

📰 Blockmasonウィークリーアップデートへようこそ!

こんにちは、Blockmasonコミュニティの皆さん!新たな週となりましたので、新たなウィークリーアップデートをお届けします。   今週のウィークリーアップデートではLndr開発の最新情報として、HYCONと韓国のモバイルゲーム協会と韓国ブロックチェーンコンテンツ協会の新たな提携関係発表を取り上げています。   準備はよろしいですか?さあ始めましょう!


Lndr開発に関する最新情報

Linkを興奮の渦が取り巻いているが、他にももう一つの素晴らしい製品があることを忘れないで欲しい。Lndrだ!まだ使ったことがない方々のために言うと、LndrはiOS及びアンドロイド向けの当社のモバイルアプリで、25種類以上の通貨で友達や家族の間での支払いを割り勘にすることができるアプリだ。 決済には現金やETH、DAI、BNBなどの仮想通貨、あるいはPayPalを使うことができる。

Lndrのロードマップを使っている人なら、当社が遅くとも3月31日までにアプリストアにてバージョン2.1を発売することになっていることをご存知だろう。TrueUSD (TUSD) のステーブルコインの統合がLndr v2.1の主な特徴で、その他多数のバグ退治機能や内部機能のアップグレードも含まれている。 TrueUSDを追加することによって、当社のユーザーは価格変動に対してより耐性の優れた仮想通貨決済オプションを利用することが可能となる。

当社の開発チームは、Lndr v2.1 が完成して現在バグテストを行っている段階にあることを報告できることを嬉しく思っている。全て順調に運べば、Lndr v2.1 を来週中に発売することになる。 テレグラムやツイッターなどの当社の公式SNSでLndrに関するニュースの詳細をお楽しみに!

Link開発に関する最新情報

当社のSNSをいつもご覧いただいている方なら、Blockmason Linkについての情報をもうご存知だろう。当社のチームが一丸となってLinkの進展を押し進めている。当社の開発チームは引き続き当製品の構築・改善を行っており、当社のビジネスチームとマーケティングチームは提携業務や顧客獲得、製品の採用に取り組んでいる。

今月当社はLinkへの関心の高まりを実感した。当社公式ロードマップへのトップレベルのプログラム的ブロックチェーンの大部分に対してサポートを追加し、さらに幾つかの提携契約を締結して何千という分散型アプリの開発者にLinkを紹介することになる。

Link開発の進展具合の一部をちょっと見てみよう。

Linkバックエンド(API)の開発

3月現在、当チームは:

  • あるAPI リソースを再マッピングする際に動作やイベントを妨げていたバグを修正
  • OpenAPIの定義の一般ユーザー向けエンドポイントを追加
  • APIの動作を求める際に使用されるURLを短縮
  • APIの動作やイベントの命名ロジックの一部を修正
  • OAuth 2.0 「リフレッシュトークン」の許可タイプへのサポートを追加 – (顧客が顧客IDや秘密事項を使って本人証明をすると、短時間だけ有効なアクセストークンと長時間有効なリフレッシュトークンを入手できる。このたび、リフレッシュトークンが有効時間切れとなると、再び顧客IDや秘密事項を使わなくても新たなアクセストークンを取ってくることができるようになった。)

これによってLinkAPI がバージョン1.12.0へもたらされる。

Linkフロントエンド(ウェブアプリ) の開発

Linkのフロントエンドへの変更や改善をもちろん忘れるわけにはいかない。フロントエンドは当社のユーザーが長い時間を費やす部分だからだ。

当社は、視覚的なアップグレードと共に、ニュープロジェクトウィザードも大きく改善させた。このウィザードは、 Link にまだなじみの薄い開発者たちが自分のプロジェクトを立ち上げて、それをスムーズに継続させ、さらには楽しみながら作業できるように助けるものだ。使い心地は当社にとって重要な要素だからだ。 今週はここまでです!いつもながら、当社のSNSを見ていただければLinkで起きている全てのことがおわかりいただけます。


Blockmason LinkとHYCONが提携し、ブロックチェーンによるソフトウェアアプリケーションの開発業界を進展させる

企業たちが合意覚書を作成し、協働して個人開発者・スタートアップ企業・開発チームが直面する負荷を軽減させる

「HYCONとの提携関係の締結を大変嬉しく思っています。彼らは現在世界的にも最も革新的なブロックチェーンテクノロジーの企業の一つだからです」とBlockmasonのCEO マイケル・チン氏は述べた。さらに「我々は提携事業を通して開発者たちがDAppsを構築・設定する方法を改善できるようにしていくつもりです。」と語った。HYCONのCEOテウォン・キム氏も、「Linkは ブロックチェーン開発の未来を形作る重要なプロジェクトです。我々はBlockmason Linkテクノロジーが現在進行中の政府のプロジェクトに採用されたり、大学院での教育に導入されて学生たちがLinkを利用して彼らの開発時間を短縮する方法を学ぶことなどもできるようになるのではないかと考えています。」と語った。

掲載記事の全文は以下でお読みください。https://blockmason.link/blockmason-link-and-hycon-partner-to-advance-blockchain-based-software-application-development-industry/


Blockmason Link、韓国のモバイルゲーム協会、韓国ブロックチェーンコンテンツ協会が提携し、韓国のブロックチェーンソフトウェアの開発業界を進展させる

本日、Blockmason、韓国のモバイルゲーム協会(KMGA)、そして韓国ブロックチェーンコンテンツ協会(KBCCA)が三者による合意覚書(MOU)への調印を発表し、韓国のブロックチェーンによるゲーム開発業界の進展のために協力することとなった。MOUの条項によって、当企業たちはゲーム開発業界の中小企業たちが、ブロックチェーンテクノロジーによるゲームを構築する際に直面する障害を低減させることを目標とすることになる。「発展途上のブロックチェーンによるゲームやソフトウェアの開発業界をサポートし成長させるために努力している2つの組織の仲間入りをすることを大変嬉しく思っています」とBlockmasonのCEOマイケル・チン氏は語った。「KMGAとKBCCAは、何千人という従業員を抱える何百ものスタートアップ企業を代表しています。共に協力することによって、彼らのメンバー企業が革新的な新ゲームやソフトウェア製品をより早く構築し、さらにユーザーたちがそれらを採用させる手伝いをしていくことができます。」

掲載記事の全文は以下でお読みください。https://blockmason.link/blockmason-link-korea-mobile-game-association-partner/